お泊りの荷物どうしよう。スキンケア化粧品がかさばる…

お泊り旅行

使い捨てお泊りセットで肌荒れしたらせっかくの旅行が台無しになっちゃう!やっぱり使い慣れたお気に入りの化粧品を持って行くべきでしょう。

 

「待ちに待った温泉旅行!でも、お泊まりセットとして持っていく化粧品がかさばる…」と悩んでいるみなさん、そんな悩みとは無縁のオールインワンゲルを使ってみませんか?コンパクトに化粧品やメイク道具を持っていく方法もご紹介。

化粧品をコンパクトにする方法

人によっては旅行にいくと肌の調子が狂う、なんていう人も。非日常感がうれしい旅行ですが、スキンケアやメイクは普段使っているものを使いたいという人に、化粧品をコンパクトにしてもっていくおすすめの方法をご紹介します!

 

私自身があまり面倒なのは苦手なので、手軽にできるものを集めました。

コンパクトな容器に詰め替える

化粧品の詰め替え容器のイメージ

ド定番ともいえる、詰め替えるという方法。百均のスキンケアコーナーにいくと、たくさんのサイズのボトルが並んでいます。おすすめは以下の容器。

  • 化粧水 → スプレー式 or ポンプなどないシンプルなボトル
  • 乳液や美容液 → ポンプ式 or シンプルなボトル
  • クリーム → 高さのない丸いケース型

いずれにしても、旅行用バッグの中でかさばらないサイズのものを選びましょう。旅行から帰ってきたら、詰め替えたものから使って早めに使い切ることが品質の点からもおすすめです。

化粧品をコットンに浸す

化粧品をコットンに浸す女性

これは私がよくやる方法なんですが、化粧水はコットンに浸してしまいます。

 

だいたい1回分でコットン1〜2枚として旅行の日程に必要な枚数を用意します。小さ目サイズのジップ付きの袋にコットンを入れて、化粧水を注ぐだけで完了です。

 

乳液がサラサラとしたとろみの少ないタイプの場合は、乳液も同様にコットンに浸して持っていくことができます。とろみのある基礎化粧品は小分け容器がおすすめ。

 

化粧水だけでも薄くてコンパクトになるので、バッグの中で場所を取らずおすすめです。

コンタクトレンズのケースに詰める

コンタクトレンズのケース

二つのフタがあるコンタクトケースに詰める方法です。これは基礎化粧品というより、化粧下地やリキッドファンデーション向けのテクニック。ワックスも◎。もともと液体を入れる容器なので、漏れ出す心配も少ないです。コンタクトケースが余っている人はぜひ♪

 

やり方は超簡単。ただコンタクトケースに入れてフタを締めるだけ!お手軽ですよね。コンタクトケースはパカッとフタが開くタイプと、回して締めるタイプがあります。個人的にパカッとタイプは不安なので、回して締めるタイプがおすすめ。

 

ケースのフタを締めるときは、ゆる過ぎず、締め過ぎずを心がけて。フタをキツく締めすぎて開けるのにしばらく悪戦苦闘した…なんて口コミもありました。

化粧品をストローに入れる

最近SNSを中心に話題になっている旅行の際の化粧品の小分け法が、ストローを使うというもの。

  1. 1/4ほどの長さに切ったストローの片側をキッチンペーパーでまいて、上からヘアアイロンでプレス
  2. きちんと閉じたのを確認したら、そこに化粧品を入れて、空いている側もプレスして完了
  3. 使うときは、端をはさみで切るだけ

ちょっと準備や工程が細かいかなと思う人もいるかもしれませんが、かわいいストローやマスキングテープを使って、女子のお泊り旅行でのちょっとした注目になるのもいいかもしれませんね。

番外編:海外旅行で化粧品を持っていく時

飛行機雲と飛行機 海外旅行

海外旅行にいくときは、化粧品も含む液体をもっていく際に注意しなければいけないことがあります。液体を機内にもちこむバッグに入れていく場合、サイズや量の制限があるんです。

 

その制限というのは、

  • 容器はひとつ100mlまで
  • 容量1L以下のジップ付き保存用ポリ袋に入れる
  • 袋のサイズは20cm×20cm以下

 

預けるスーツケースに入れる場合は特に制限はないので、詰め替えたりせずにそのままのボトルでも可ですが、気圧の変化などを考えると、どちらにしても小分けに詰め替えてジップ付きの袋には入れておいた方が安心です。

 

ちなみにオールインワンゲルですが、ジェル状のものも制限される液体に含まれているので機内に持ち込む場合は制限内の小分けにしておいた方がよさそうです。

 

オールインワンゲルなら基礎化粧品が1つでOK♪

うれしそうにオールインワンゲルを持つ女性のイメージ

私も以前は旅行の度にかさばる化粧品の量には頭を抱えていました。メイク用品も持って行かなくてはなりませんし、大きなポーチがパンパンになることもしばしば…。当時は化粧水・乳液・美容液・保湿クリームの4点を使っていたので、荷物になるなと思いつつも持って行っていました。

 

しかし、雑誌で見かけたオールインワンゲルを購入してみてその手軽さと効果の高さにびっくり!私が今まで4ステップでおこなっていたことを、それ1つで完結できるなんて!衝撃&ショックでした。旅行にも1つ持っていけば良いだけですから荷物にもなりません♪

さっとスキンケアできるから時短

旅行先でまでスキンケアに時間を割きたくないですよね。オールインワンゲルならそれをササッと塗ればOKですからラクチンです。「化粧水は……あ、これ美容液だ」なんてポーチをがさごそしてお風呂上がりにもたつくこともありません

オールインワンを使うパック&マッサージ

顔マッサージをする女性のイメージ

友達との温泉旅行なら楽しめること間違い無しのパック&マッサージをオールインワンゲルでできます♪

 

この他にも、リンパマッサージを組み合わせたオールインワンゲルのマッサージ方法などもインターネット上には多数紹介されています。動画サイトなどでもアップロードされていますから、参考にしてみてはいかがでしょうか。

顔パックのやり方

オールインワンゲルを使ったパックのやり方は簡単です。

  1. 多めにオールインワンゲルを顔に塗布
  2. 5分ほど置く
  3. 洗い流す

これだけ!お風呂場などはお湯の熱によってオールインワンゲルに含まれる美容成分が肌へ染みこみやすくなりますよ。洗顔料を使うと美容成分まで流れるので注意。

 

乾燥肌はひと手間プラス

もしも乾燥が気になるようであれば、そのままゲルを塗るのではなくコットンにオールインワンゲルをつけて乾燥している部分に乗せて5分ほど時間をおいて洗い流すと◎。旅行先のお風呂場や温泉で気軽にできる方法ですので、是非やってみてくださいね。

マッサージのやり方

  1. 手のひらにオールインワンゲルを乗せてゲルを温めます。
  2. デコルテから首、顔の中心から外側に向かってオールインワンゲルを馴染ませていきます。
  3. 血液の流れが停滞しやすい部分、目の下や輪郭部分は念入りにマッサージをおこなうようにしましょう。

※マッサージをおこなう際は、あまり強い力を入れないこと。強い負荷をかけてしまうと肌を痛めてしまいます。

メディプラスゲルを塗る前と塗った後のハリ効果ビフォーアフターの写真

温泉好きの私がおすすめするのは使いやすいポンプ式のオールインワン化粧品!かさばる化粧水や乳液などのお泊りセットをまとめられるだけじゃなくて、塗りやすい&衛生的なんです。旅行に持っていけるようにキャップも付いているので、緩んだキャップからうっかり化粧水が漏れちゃった…なんてこともなく安心です。 

 

おすすめのポンプ式オールインワンゲル

トップページへ

人気のオールインワンゲルはコレ!

みんなが見ているページ


オールインワンゲルランキングの画像

色々使った結果…!
オールインワンゲルの効果とコスパを比較してランキングにまとめました♪

総合ランキングはコチラ

 

市販オールインワンゲルランキングの画像

みんな何使ってる?
アットコスメの口コミ数が多い市販オールインワンゲルを比較チェック!

市販ページはコチラ

 

年代別おすすめオールインワンゲルの画像

年代別おすすめ4選!
20代・30代・40代・50代の、各年代のお悩みに沿ったオールインワンゲルを4つ厳選しました♪

年代別ページはコチラ

 

タイプ別おすすめオールインワンゲルの画像

あなたはどのタイプ?
お悩みに合った、あなたにピッタリのおすすめオールインワンゲルをご紹介♪

タイプ別ページはコチラ

 

メディプラスゲルを手に塗って、効果を比較検証したビフォーアフターの写真

一番効いたのはコレ!
実際に使ってみて効果を一番実感したオールインワンゲルの口コミレビューです!

口コミページはコチラ

オールインワンゲルの魅力と特徴管理人の画像

こんにちは♪某ブランドの美容部員をしています、管理人の西垣です!
8歳の娘&3歳の息子の子育て中ですが、スキンケア用品は抜かりなくチェックして美容部員のプライドを死守!中でもオールインワンゲルを見ると血が騒いで、安くて良い商品を探したり試したり…
日々楽しく研究しているので、参考にしてもらえると嬉しいです♪

お問い合わせはコチラ
 

TOP



トップページへ